第8回日本心臓血管3次元モデル研究会セミナー
参加登録はこちらから

第8回日本心臓血管3次元モデル研究会セミナー
共催:バイエル薬品株式会社・シーメンスヘルスケア株式会社・

           株式会社エルアンドエル・日本心臓血管3次元モデル研究会
日時:平成29年6月2日(金)午後18時~21時
場所:サンケイカンファレンス 「601」
(〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2丁目5−2 新 サンケイビル 6 階)

内 容  :テーマ 3Dモデル臨床研究報告

           開会のあいさつ


1.基礎から学べるモデルづくり

『先天性冠動脈疾患におけるCTAの有用性』(20分)

  講師 みなみ野循環器病院 放射線科 望月純二先生


『心臓CTから僧帽弁逸脱症の3Dデータを作ろう!』(30分)
    講師 関西労災病院心臓血管外科 白川 岳先生


『成人先天性心疾患の3Dプリンティングの有用性

             ACHD診療にどう活かすか?』(40分)

​ 講師 岡山大学医学部循環器内科 三好 享先生

 コーヒーブレイク(30分)

 

2.プリンター方式の違いによる臨床評価のポイント

『大血管CTにおける熱溶解積層法による精度評価』(30分)   

講師 徳島県立中央病院 医療技術局 放射線技術科 山岡哲也先生

 

冠動脈CTAにおける光造形方式の精度と臨床的有用性』(30分)

  講師 桜橋渡辺病院 放射線科 診療支援部 川村 克年先生


3.J3D事業報告

  ITEM2017の報告

  ハンズオンセミナー開催について

  桜橋渡辺病院画像診断科・放射線科 小山靖史先生


            閉会のあいさつ

© 2015 Powered by J3D