第21回日本心臓血管3次元モデル研究会セミナー
催:バイエル薬品株式会社・シーメンスジャパン株式会社・株式会社エルアンドエル・日本心臓血管3次元モデル研究会
日時:2020年9月12日(金)午後12時~13時40分

場所:インターネットライブ配信

 

​​参加申し込みはこちらから

 ​

概   要  


⼼臓 3D モデルを⼼臓⼿術の術前評価に使うためには、3D モデルが病変を正確に再現
している必要があります。しかし⼼臓の弁膜や乳頭筋、腱索、細かな動静脈、あるいは⼼
筋と各構造物を CT 画像からきれいにセグメンテーションするのは労⼒と時間を要する作
業です。我々は「AI=⼈⼯知能」を使ってこれらの構造物を⾃動セグメンテーションし、
それを⽤いて⼼臓 3D モデル⽤の 3D データの作成を試みてきたのでご紹介します。
加えて、今回のセミナーでは具体的に学習データの準備やディープラーニング、セグ
メンテーションまで⼿順を⽰します。AI のコードには Keras/TensorFlow を⽤いており、
参加者各⾃の PC で実⾏環境を構築できるよう以下に説明を加えました。また、この実⾏
環境で利⽤できる我々の開発⽤コードをダウンロードできるようにしますので、持ち帰っ
て各々で経験を深めてもらえればと思います。私⾃⾝も専⾨家ではありませんが⼀緒に頑
張りましょう。

セミナーの内容
 

スライド発表:これまでの症例報告や座学
デモンストレーション:実際のデータを⽤いた作業⼿順の紹介
• ディープラーニング⽤の画像データはこちらで⽤意します。*1
• 開発⽤ソースコードはオープンソースで再利⽤可能です。*2
• 実⾏環境は以下の「PC 環境の準備」を参考にして下さい。
• コマンドラインでの操作と、Python が使えることを前提としています。
*1 実症例の臨床データなので本セミナー以外での利⽤は改変も含み全て禁⽌します。
*2 BSD 3-Clause ライセンスとしていますので、ライセンス内での利⽤が可能です。

ご視聴とともに実際にハンズオンの内容を実機で試す場合は、こちらから資料を

ダウンロードしてください。


ご不明な点は、まずは事務局までお問い合わせください。

J3D研究会 事務局 井上 contact@jsc3d.com

© 2015 Powered by J3D